caféふるやオーナーより


私の母のふるさとである美山町は、丹波高地の山々に抱かれ、清流 由良川が流れ、春夏秋冬を通して様々な表情を見せてくれるとても大切な場所です。

また、私の父のふるさとである高知は、南国特有のまぶしい太陽がいっぱいで、四季を通して極上の柑橘類がよく育つ、とても大好きな場所です。

子供の頃、夏は美山のおばあちゃん家で、高知から持って行ったとっても甘いスイカを口いっぱいにほおばり、秋は真っ赤に色づいた紅葉を見ながら温かい柚子ジュースを飲むと、いつもの何十倍も素敵で、そして美味しく感じました。

そんな私が大人になり、子育てが一息ついて、新しい一歩を踏み出そうと考えていた時、ふと子供の頃の大好きだった思い出があふれ出しました。私の大好きだった経験を分かち合うことができればどんなに素敵なことだろうって。そんな思いで美山へ孫ターン。お店を作りました。

お店の名前は、屋号から拝借して「caféふるや」といいます。築150年の古民家で、どこか懐かしい趣を感じて頂けるようにおもてなしをします。

お食事は美山と高知の旬の野菜コラボで、お飲み物やランチをご提供します。ランチは食材を厳選しますので先着10名さまの限定ランチです。ホテルでの調理経験や野菜ソムリエの知識を生かして、皆様にご満足して頂けるよう一生懸命かんばります。

大自然の中で、新鮮な食材をほおばる、少し贅沢だけど、心と体が満たされる経験をしてみませんか。

皆様との出会いを楽しみにしています。

店主 森岡理恵